FC2ブログ
そらのカオ
なにげない日常の風景写真(おもに空)を気ままに撮っています。

胸に灯



いつもボクは自分に忙しい


キミの気持ちも見えていない


ケンカした夜もキミが好きで


だから自分を傷つけた


もうキミ以外に思うものなど


この手には何ひとつない


キミ以上に大切なものも
スポンサーサイト



[2014/11/30 07:38] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

キミの背中



どんなときも凛と立つキミの姿に


ずっと憧れていた


大切なもの守りたいもの


せっかく見つけられたのに


いつまでもくすぶったまま


ボクの前でキミが泣けるように


傷つくことを恐れず一歩前へ
[2014/11/29 06:51] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(1)

奏で



唄うようにピアノが弾けたなら


どんな音色を奏でよう


ありきたりのメロディじゃ


キミにきっと届かないけど


この胸に刻む音符たち


いつか曲になるように
[2014/11/28 06:28] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

東の空に向って



不安な気持ちはボクの中に消えないけど


東の空には眩しいほど煌く太陽


自分の背中は自分で見る事は出来ないから


誰かと比べるのはもう辞めよう


泣いてうつむいていた顔をあげて


進んでいこうキミと心の手を繋ぐために
[2014/11/27 06:07] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

空を見上げて



誰にでもきっと


言葉にならない想いがあって


誰かのために


優しい宝物を探してるのかな


キミを守れるように


強く強く生きていたい


キミの未来に


ボクがいるように


[2014/11/26 06:10] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

もう一度



どうしようもないくらい


キミを好きだけど


好きなだけじゃ


キミを守れやしない


他の誰かと歩む人生に


胸が張り裂けそうになっても


この想いは変えられないから


強くなりたい優しくなりたい


どんな時もブレないように
[2014/11/25 05:58] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

小さな想い



昨日は変えられないけど


変えられる明日があるから


ボクに出来ることは限られてるけど


キミが少しでも輝けるように
[2014/11/24 07:39] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

やさしい空



柔らかい雲が流れていた


あの時ボクは決めたんだ


キミを守れる人になりたいと


ずっとそばで歩いていきたいと


優しい気持ちになりたくて


きっと人は空を見上げるんだろう


もっともっともっと強くなって


キミを癒せる空を描こう


どこまでも果てしなく続く空を
[2014/11/23 06:45] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

キミの空



キミを思うとき優しさ風が吹いて


キミを求めるとき木枯らしが吹き抜ける


キミがいるこの道がずっと続くように


何気ない毎日の笑顔を重ねて
[2014/11/22 06:37] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Blue Green



落ち込んだり迷ったり


もどかしさに苦しむこともあるけど


そのままのキミがいい


好きという言葉では物足りなくて


伝えられる言葉は今も見つけられない


だからキミの手をぎゅっと握る


きっと受け取ってくれると信じて

[2014/11/21 06:20] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

パノラマ



ただキミが笑っていてくれればいい


何年先も変わらずボクの隣で


冬を誘う風は冷たくても


ほら、繋いだ手は暖かいから


パノラマに広がる空に白い雲


もっともっと広がる優しさをキミに
[2014/11/20 06:00] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

ビルの向こうの空へ



風が冷たくなって木々の葉も落ちる


わけもなく寂しくなって


キミの顔ばかりグルグル回ってる


どうしようもないくらい


キミが好きでこれだけは譲れないよ


キミの前でキラキラ輝いたいから


あのビルの向こうに帰ろうとする


夕陽を追いかけてどごまでも
[2014/11/19 06:01] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

雲よりも高く



目に見えない心に不安になるけど


信じなければキミの眼をみれやしない


例え他の誰かの温もりが残っていても


キミのその温もりがほしい


あの雲よりも高く遠くどこまでも


ふたり翔んでいけたなら




[2014/11/18 06:09] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

散歩道



キミと歩くこの道は


どこまで続いているか


わからないけど


キミが喜んで笑ってくれるなら


それがボクの生きる意味


大切な笑顔をいつまでも


ボクの風景のなかに
[2014/11/17 05:56] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

空旅



青く澄空に浮かぶ白い雲


甘い風に揺られている


キミと旅に出かけよう


ボクが見落としていた


シアワセの欠片探しに


キミが忘れかけていた


アイを見つけに
[2014/11/16 07:00] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

灯り



月日が流れても


相変わらず臆病なまま


小さな灯りでも


キミを照らし暖めたい


ゆらゆらと揺れるように


その心を癒しながら
[2014/11/15 08:05] | 風景 | トラックバック:(0) | コメント:(1)

朝陽を見に行こう



いつかキミとふたりで


生まれてくる太陽を眺めたい


山があっても谷があっても


この想いがずっと続くように
[2014/11/14 05:59] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

キミの名を



寂しいときも嬉しいときも


ボクの名前を呼んで


すぐに駆けつけるから


切ないときも愛しいときも


キミの名前を呼ぶよ


どんなときもふたりで


分け合いたいから


同じ夢を見ていたいから
[2014/11/13 06:11] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

朝焼け



あの雲の向こうに


新しい朝が待っている


キミと巡り逢えて


たくさんいろんなもの


もらっている


ボクがあげられるものは


何もないけど


今日も穏やかでいられるように


優しい歌を唄おう


オレンジ色の朝焼けの空に

[2014/11/12 06:06] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

木枯らしの吹く頃に



街路樹が色を変えながら


一枚また一枚と地面を彩っていく


寂しくなる枝のように


切なさが溢れそうになるから


唄うよキミだけのために


寒くないように温かい心込めて
[2014/11/11 06:08] | 風景 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

明日へ



キミがいて笑っていてくれる


それだけで頑張れるよ


転んだり迷ったりしてきたから


こうして出逢えたのかもしれない


これからもぶつかったり迷ったり


繰り返しながら心をつないで
[2014/11/10 06:03] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

はじまりの陽



キミとともに生きていけたら


この不安も喜びに変える力に


昨日と今日を繋ぐ雲間から


小さな輝きが空を照らす


ボク色の光の筆で描くよ


見たことのない鮮やかな心を
[2014/11/09 08:04] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

YOU



届かないとわかっていても


やっぱりキミが好きで


あきれるほどに


泣きたいくらいに


ただそばにいたい


[2014/11/08 07:17] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

群雲



いつかキミと歩いたこの道を


ぼんやりとひとり歩く


少しだけ触れた指先から


その温もり感じていた


この先どんなことがあっても


この胸に産まれた想いを育てて


色を重ねていこう


未来へと少しずつ
[2014/11/07 06:02] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

暖かい陽射し



キミと出逢って好きになって


見慣れた景色に鮮やかな色がついた


心はまだ臆病なままだけど


遠く感じた強さを傍にと誓う


見上げた空は優しい色だった
[2014/11/06 06:01] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

窓辺の小さな花



静かな午後に揺れる小さな影


誰も気付かないくらいに


そっと咲いた花のように


この想いが幼くても


窓辺の陽射しが冷たくなっても


変わらないキミが好きだよ
[2014/11/05 06:06] | 風景 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

空一面に



キミのこと知る前は


ひとりでいることが好きだった


淋しさや切なさを初めて知った


ただ会いたくて会いたくて


飛べない空を見上げていたら


キミでいっぱいになっていた
[2014/11/04 05:52] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

まっすぐに



今キミの目に映るのが


ボクじゃなくても


いつだってまっすぐに


この想い届けたい


キミをこんなにも


大切に想うのは


きっとボクだけだと
[2014/11/03 07:05] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

キミと歩く未来



キミに会えた日は嬉しくて


だけどすぐに不安になって


毎日が堕ちたり上がったり忙しい


ボクに出会ってくれてありがとう


そばにいてくれてありがとう


言葉に出来ないけどいつも思ってるよ


優しさを紡いで繋いでいきたい


キミとしか創れない未来を
[2014/11/02 06:43] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

サボテン



乾いた砂に咲くサボテンのように


どんな時も負けないキモチ


この胸に育てたい


年月を重ねて出来たトゲを


優しさに変えて


いつまでも枯れないように
[2014/11/01 07:45] | 風景 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

プロフィール

Ryo

Author:Ryo
京都在住
音楽・写真が好き
"蓮"というユニットでVoしてます
蓮:http://renmusic.wix.com/
ren-musique-ecrin
カメラはnikonD5000&スマホ(GALAXY SⅢα)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる