FC2ブログ
そらのカオ
なにげない日常の風景写真(おもに空)を気ままに撮っています。

七色の橋



誰よりも誰よりも愛しいと気づいたとき


なぜか怖くなった不安になった


いつの間にかボクは色眼鏡をかけていた


雨上がりの空に夕陽が揺れている


言い訳や卑屈で出来た心のトゲを抜いて


キミの心に架けよう七色の橋を


壊れることのない確かな橋を
スポンサーサイト



[2015/01/31 07:43] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

素直なままで



心の奥でキミに話しかける


ボクはとてもおしゃべりみたい


巡り会う世界でたったひとりの


キミの笑顔と心を守りたいのに


本当はそばにいてくれているのに


曲がりくねった道を作っていた


キミと向き合おう目の前のキミと


いつでも感じていられるように
[2015/01/30 06:00] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

春夏秋冬



花咲く春を待つように


キミの笑顔を待っている


夏の燦めく太陽のように


輝いているキミが眩しくて


燃えるように朱く染まる秋のように


キミに会いたい気持ちが溢れて


澄んだ冬空に光る星のように


凛と立つその背中を抱きしめたくなる


春夏秋冬いつもキミのことばかり


何度巡ればキミの胸に届くんだろう


ぼんやりとそんなこと考えて


キミの笑顔咲く春を待っている
[2015/01/29 06:02] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(2)

幻光



失うことに怯えていたけど


本当は何も持っていなかったかもしれない


虚しくて悲しくてキミの名を呼んでも


ただ冷たい風が頬を撫でていく


キミの大事な人がたとえボクじゃなくても


キミという光から離れられない


夢を見てキミの夢を見て眠り続けたい
[2015/01/28 06:02] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)



キミに初めて出逢ってから


もうどれくらい時間が流れたろう


これから2人で過ごす僅かな記憶


ありがとう


ずっと傍で笑っていてくれて


ありがとう


どんな時もキミを想っているから


もっと優しくなれるように強くなるよ


キミに続く空に向かって
[2015/01/27 06:02] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

日々空に



大事なものは指の隙間から溢れ落ちそうで


そっと乗せれば風に吹かれてしまいそう


そんな不安がよぎるのはボクが弱いから


カッコ悪くても自信が持てなくても


キミを想う気持ちをカタチにしていこう


喜びも悲しみも重ねて笑っていれば


明日はもっとキミのそばにいられるから
[2015/01/26 06:07] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

ふわり



泣きたいときもイガイガしたときも


キミが笑ってくれたら溶けていった


ふわり柔しい空気に包まれる


この瞬間がたまらなく好きで


また今日も会いたくなるんだ


本当は寂しがりやのキミの手を


暖められる大きな手になりたい


キミがいつでも呼んでくれるように
[2015/01/25 08:11] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Happy Days



思い通りにいかないなんて


当たり前によくあること


そんな時にキミが笑ってくれた


ボクはひとりじゃない


答えも一つじゃないから


怖がらないでボクらしくいよう


たくさんの涙は笑顔に変えて


キミに届けるよHappyDays
[2015/01/24 07:29] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Chocolat Sky



背伸びしても続かなくて


強がっても結局甘えていて


キミとの距離はほろ苦いチョコみたい


どこにいても何をしてても


ただキミを想うばかり


いつか2人の心が溶け合って


甘いチョコになるように
[2015/01/23 06:02] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

足りないもの



もう少しボクが大人だったら


強がるキミを守れるのに


やっぱりキミがいないと寂しくて


気がつけば甘えてばかりいる


2人でよく聴いたあの曲を歌おう


もう少しボクが素直だったら


キミの心を包んであげられるのに


もう少し…もう少し…
[2015/01/22 05:57] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

たまご



卵を割らないと食べられないように


自分の殻をやぶらなければ


明日を変えることはできない


踏みとどまらせているのは自分の心


目に見えない幸せは


きっと自分にしかわからないから


悔むことのないように


キミを失わないように


その殻を突き破ろう
[2015/01/20 21:02] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

気望



目を逸らしたいことや


逃げ出したいことが


毎日のなかにはあるけど


キミの手がボクの頬を包む


なによりも暖かい場所


どんなものも敵わない


そんな未来があると信じて


想い続けようこの先もずっと
[2015/01/20 06:02] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Shine



どんなときも真っすぐに


前を向いて歩くキミが眩しくて


凛とした背中にいつも憧れていた


走り続けるその姿に光を照らしたい


ともに生きていく喜びへと


変えていけるように


ボクもまた小さな光になるように
[2015/01/19 06:20] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

冬晴



キミが願う人になりたくて


ボクはいつももがいている


この先に答えがあると信じたい


形にはならない想いを風に乗せて


迷わないように歩いていこう


愛する人を守れるように


キミがこの手をずっと離さないように
[2015/01/18 07:19] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

帰る場所



街も人も時間もどんどん流れていく


一人で抱えきれずしんどくなったり


同じ過ちを繰り返して嫌になったり


そんな時キミが歌ってくれた


ガマンしなくていいよ


ムリをしなくてもいいよ


いつでもこの胸に帰っておいで


変わらないキミの笑顔に会いに行く


また前を向いて歩き続けるために
[2015/01/17 07:44] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

天気予報



些細なキミの言葉やしぐさに


やきもきしたり悲しんだり


空に舞い上がるほど喜んだり


寝ても冷めてもキミのことばかり


見えない心に雨続きだとしても


諦めないでずっと想い続けるよ


必ず晴れの日が訪れると願って
[2015/01/16 06:02] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

三度目の冬



追いかけても追いかけてもまだ見えなくて


ただキミに甘えて自分を甘やかす事に慣れて


恋に溺れて自分を見失うなんて思わなかった


好きという言葉では物足りなくて


愛してるは大袈裟なような気がして


キミに伝えるちょうどいい言葉は


また今日も浮かばないまま空を見上げた
[2015/01/15 06:04] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

片想いラテ



キミから目が離せなくなって


小さなプライドなんかどうでもよくなった


会いたくて胸が苦しくなる


一方通行の想いでもそばにいたい


ボクがたくさんの中のひとりでも


ボクにはたったひとりのキミだから


少しだけ寂しいけど笑っているよ


いつかその胸に届く日を信じて
[2015/01/14 06:04] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

軌跡



優しさは与えるものじゃなくて


知らぬ間に人の心に残るもの


幸せはなろうとするものじゃなくて


心で気付いていくものだから


キミの心に刻んでいきたい


ボクの胸にある暖かな光を
[2015/01/13 05:54] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

大きな雲のように



自分の不甲斐なさに稚さに


キミに選ばれる資格がないと


ため息漏らしてしまうけど


やっぱりキミを諦められなくて


ボクを傷つけないように


やさしいウソも真実を語る目も


その全てを受け止めて愛したい
[2015/01/12 07:14] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

ボクの知らないキミ



こんなに近くにいるのに


キミの胸の中見えなくて


泣かないよキミの前では


そう決めたのに零れ落ちる雫


今は目をそらしていてほしい


情けないほどキミが好きだから


その声をその目をその手を


ずっと離したくない
[2015/01/11 07:30] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

永遠の空



憂鬱なボクは悔やんでばかり


キミの強い瞳は優しさ教えてくれた


どれだけの言葉費やしても


どんな言葉も言い尽くせないけど


こんなにキミが好きだから


明日を見つめていこう信じながら


[2015/01/10 07:05] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

キミの住む街



ボクが踏みしめている道は


前を向いて歩くのが


簡単じゃない時もある


会いたくて会いたくて


キミの住む街へ降りた


涙こらえてキミの笑顔想う


負けそうなボクの心を


暖かく包んでくれるから
[2015/01/09 05:57] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

悠久の空



変わらないものキミの優しい笑顔


いつまでもいつまでも見ていたくて


わざとまわり道して歩いた


キミと未来へ行けるのなら


ボクは何度でも生まれ変わる


時を超えて想い続けるよ


最果ての空まで
[2015/01/08 06:00] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

雨あがり



つまらない焼きもちを妬いて


いつも困らせてしまうけど


愛しい気持ちが溢れてしまうから


言葉にできない想い浮かべた


雨あがり憂鬱を洗い流した空に


ありがとうの気持ちを込めて
[2015/01/07 05:56] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Peach Sky



生まれてから36万5千時間


いろんなものを手に入れて


いろんなものを手放した


探したり無くしたり繰り返したから


こうしてキミに出逢えたんだ


つないだ心を温めていくよ


つないだ心は強くなるから


ありがとうの気持ちを今キミに
[2015/01/06 05:55] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

迷い未知



ボクらは同じ場所にいても


本当は違う景色をみているのかな


抜け出せたと思ったらまた迷路の入口


この胸のなか空っぽにして


キミを信じて想い続けていたい


誰にも話せない苦しみを抱きしめてほしい
[2015/01/05 06:20] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

雪恋空



小さな欠片が少しずつ重なって


街に白い世界が生まれた


キミを見つめるたびに


いろんなカオを見つけて


目が離せなくなった


今ボクの胸の音奏でるから


キミの胸の音も聴かせて


この澄んだ蒼の空に響かせて


遠くまで届くように
[2015/01/04 07:24] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

綿雪



夕暮れどき空から舞い降りるぼたん雪


ふわり優しく頬にあたった


伝えきれない想いと一緒に


静かに溢れそうに降り積もっていく


変わらない願い変わらない気持ち


いつまでもキミがそばにいること


いつかキミの心に溶け込むように

[2015/01/03 07:11] | 風景 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

空に願いを



会えないときほど想っているよ


キミの顔を声を温もりを感じたくて


会えないときほど伝えてほしい


キミの胸の奥の一欠片でも


心が寒くて震える日も泣かないよ


いつかキミに贈る言葉抱きしめて
[2015/01/02 08:35] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)
次へ

プロフィール

Ryo

Author:Ryo
京都在住
音楽・写真が好き
"蓮"というユニットでVoしてます
蓮:http://renmusic.wix.com/
ren-musique-ecrin
カメラはnikonD5000&スマホ(GALAXY SⅢα)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる