FC2ブログ
そらのカオ
なにげない日常の風景写真(おもに空)を気ままに撮っています。

熱情



桜咲く春も照りつく太陽の夏も


もの寂しげな秋も北風吹く冬も


季節が幾度巡ってもボクがいるのは


キミがいるこの場所だけ


発熱しているこの胸の想いは


もう下がることはないから


想い重ねてその手を合わせて
スポンサーサイト



[2015/08/31 06:01] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

frame



南風が髪をやさしく撫でる


そっと励ますように


すべてが報われることはない


それでも素直でいれば何かが変わる


そのframeにどんな景色入れるかは


キミの自由だから


心暖まる瞬間笑っていられる瞬間


おもいのまま切り取っていけばいい
[2015/08/30 07:33] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

希望は胸に



変えられない現実にタメ息ついてないで


少し違う角度から覗いてごらん


乗り越えた後なら死ぬこと以外


かすり傷だって思えるから


何度だっていくつだって希望抱いて


最期はキミと笑っていたいから


路を造るずっとずっと向こうまで
[2015/08/29 07:56] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

朝輝を浴びて



こうするんだって決めたって


その先に何が起こるか誰も知らない


小さな決意はすぐにねじ曲げられ


失望の穴に落とされるかもしれない


それでも描く未来に向かって


進んでいけば何かが見えるだろう


キミが想像していたものよりも


ずっとずっと素晴らしいかもしれない


だから立ち止まっても塞いでいても


必ず前を向いて歩き始めればいいんだよ
[2015/08/28 06:01] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

紺瑠璃のように



この先に何が待っているかわからない


だからこそ歩いて行けるんだね


言葉足らずで傷つけていたキミへ


心からごめんなさいとありがとうを


これからはキミが笑っていられるよう


ボクはキミの鏡になって笑っているよ


手探りの未来が明るいものであるように


[2015/08/27 06:03] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

君がいる場所



きっと誰もが探している自分の居場所を


ここじゃない何処かにあるはずだって


目の前の風景に幸せは埋もれがちで


繋いだ手 伝えたいボクの温もり


感じていたいキミの体温


キミが今いることがすべて


ここが居場所だと気付いているから


[2015/08/26 06:06] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

two of us



ボクはどれだけボクのこと知ってたんだろう


キミに出逢って知らない自分に出逢う


良くも悪くも


ボクはどれだけキミのことわかってるんだろう


きっとわかってるようで何もわかっていない


キミはそう笑うんだろう


確かなことはふたり繋いだ手が暖かいこと


同じ未来を見つめていること
[2015/08/25 06:00] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

gift



今君に贈りたい想いのすべてを


探していたはじめての感情


愛したいという意味 五線紙に乗せて


いつまでも消えることなく


その胸で奏でられるように
[2015/08/24 06:01] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

奏でる言葉



キミが寂しげな目をするたびに


キミが笑いかけるそのたびに


ボクは何度も思い知らされる


キミ以外なにも望んでいないと


夢中になっているのはやっぱりボクで


でもこの先もずっとそれでいい


未来に不安を覚えても


目の前が歯痒くても


ボクはボクのままで奏でるアイの歌
[2015/08/23 07:19] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

車窓



今日もまた同じ電車に揺られ


同じ景色眺めながら小さな溜め息をつく


帰りを待っていてくれるキミに


ボクは何をしてあげられるだろう


夕焼けを探しても答えは見つからない


空回りした気持ちはキミを傷つける


たったひとつ今夜グッスリ眠れるよう


この手で包んでいたい朝が来るまで
[2015/08/22 07:14] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)



どれくらい歩いてきただろう


足跡は雑踏に消されてるかもしれないけど


まだ夢の途中確かなもの残したい


ボクが生きてきた証をたとえ小さくても


キミとふたり育んでいきたい


カタチには見えなくても暖かな想い


周りを優しさで包めるように
[2015/08/21 06:01] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

明日への調べ



先のことなんてわからないって


キミは少し笑いながら


ひとつだけ言えることは


この想いに曇りはないってこと


希望を捨てていたボクに射す光


これからはボクがキミの希望になりたい


言葉が重くツラいときは優しく歌い


立っているのがツラいなら


そのすべてをボクに預ければいい


ともに歩いていける日々が愛しいから


[2015/08/20 06:03] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

朝蒼空



キミが生きてきたほとんどを


ボクは知らないけど


痛みもやるせなさも抱きしめていたい


昇る太陽巡る季節


新しい日々にはボクがいたい


互いに違う夢追いかけながら


同じ夢で繋がっているよ


だからこの手を取って離さないで
[2015/08/19 06:00] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

約束



見せかけの思いやりでキミを傷つけて


泣いてばかりいたボクだけど


胸に咲いたこの想いは幾度となく


キミのもとへと巡っていく


情けなくてもカッコ悪くても


キミの胸の痛み忘れないで


ボクは変わろう今ここから
[2015/08/18 05:58] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

見つめていたい



今まで何千日とキミを見てきた


どんな顔もどんな仕草も


ボクの胸に響いてまた心奪われる


どれだけの時間費やしても


相変わらずなボクだけど


いつかキミに頼られるように


その笑顔を守り続けられるように


[2015/08/17 07:35] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

夢の途中



幼い頃ボクらたくさんの夢で溢れていた


大人になって日常に追われ


夢という言葉すら忘れていたけど


愛を知ってまた生まれる


願い灯す大切な人の笑顔見たいから


素晴らしい未来を形にするため


明日へと続く夢の欠片紡いで
[2015/08/16 06:23] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

らくがき



"わかっているよ"と言い訳繰り返し


本当は"わかっていたつもり"だった


晴れたり曇ったり雨が降ったり


ボクの心は忙しい


ひとつだけ輝いている輝石は


キミへの想い


真っ直ぐに届くように


この胸に風を吹かそう
[2015/08/15 07:48] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

永遠の花



好きだという言葉で終らせたくないほど


この胸にはキミが溢れていて


廻り道をしてやっと出逢えたから


どれだけ大切か本当にわかっているよ


不器用なボクは間違ってばかりだけど


愛を紡いで優しさの花咲かせたい


キミの胸のなかに


ずっとずっと枯れない花を
[2015/08/14 07:16] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

キミとゆく道



悩んでも泣いてもいい


立ち止まったり転んだりしながら


進んでいけるなら


ケンカしても迷ってもいい


お互いを分かりあいながら


歩んで行けるなら


キミはキミのままで


ボクはボクのままで


分け合いながら育てていこう未来を
[2015/08/13 06:16] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

葡萄葛



不思議な空の色に出会った


ボクの隣にはキミがいた


どんなことも叶うような気がして


その吐息もその眼差しも独り占めしたい


誰もが誰かに支えられて


誰かのために生きているのなら


ボクはキミの支えになって


キミのために生きたいと思うから


今夜この空を駆ける流れ星に誓うよ
[2015/08/12 07:13] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

大切なこと



キミが待っていてくれるから


今にも駆け出しそうになるよ


好きやありがとうじゃ足りないくらい


想いは溢れそうになるけど


全て分かりあえなくても理解したい


キミとなら速度合わせて歩けるから


365日ありふれた小さな幸せを積み重ねて



[2015/08/11 06:50] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

明日へ飛び出せ



今日も同じように東から陽は昇る


それでも空も風も同じ時は2度とない


きっとボクらの毎日もそうなんだね


小さな憂いを胸に抱えなくても


新しい予感に胸ときめかせて


いつからだって夢へ始められる


諦めかけていたとしても


夢への続きへとまた歩き出せる
[2015/08/10 07:17] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

幾重もの思い



果てしなく果てしなく続く空の中を


羽を広げ優雅に飛ぶ鳥のように


余裕を抱いてあんな風に飛んでみたい


本当はボクら自由で幸せはこの胸にある


思いきって360度見渡してみれば


自分の目の前の空も広いって気付くから


そこからまた飛んでみよう思いのままに


[2015/08/09 06:44] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

くじら雲



繰り返し泣いて笑いあって


キミと過ごした幾千もの日々


何気なく口にした言葉も届いているよ


ボクもキミに届けたい言葉あるから


思いっきり歌いたい


大きなくじら雲に乗せるから


耳を澄ませていてキミにだけわかる


このボクの声が歌の意味が
[2015/08/08 06:27] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

夏を浴びて



街もボクも照らす太陽の熱に


流れる汗と一緒にこの塊も流してしまいたい


思いきって裸になってしまえば


この胸の向こうには青空が映るだろう


伏し目がちなのは似合わないから


ハジケる笑顔でキミと 笑っていよう


きっと楽しいことが舞い降りてくるから
[2015/08/07 06:08] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

大空のなかへ



あるがままの自分を見つめることも


誰かにさらけ出すことも避けていた


本当は自分らしく生きたいと願いながら


いっそのこと重い殻を脱ぎ捨てて


自由に羽ばたいてみないかい?


ボクらはきっと意味を持って生まれた


間違いも過ちもないすべてのものに


愛する心を手に入れたならどこへでも行ける
[2015/08/06 06:03] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

旅の途中



誰かが言った人生は旅のようなもの


アクシデントも感動も入り交じる


見たことのない景色に不安になるより


知らない世界へ触れることにドキドキしたい


だってキミとなら楽しいってわかるから


さあ明日はどっちへ行ってみよう?


キミとボクの感じるままに
[2015/08/05 05:57] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

キミはボクの太陽



いつもと変わらない風景のなか


キミが加われば色鮮やかに変わる


キミはボクの太陽 体中にキミを浴びて


キミはボクの太陽 生まれた意味を感じ始めた


キミはボクの太陽 キミがいなけりゃ暗闇のまま


キミが一人で頑張らなくていいように


いつかボクがキミの太陽になる
[2015/08/04 06:01] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

小さな背中



キミの後ろ姿小さな背中


音にならない独り言呟いてみる


あれもしたいこれもしたい


たくさんの願いはあるけど


キミが今日もいてくれたら


それがボクにはすべて


キミはそんなこと思ってるのかな


いつか聞いてみよう勇気を出して
[2015/08/03 06:02] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

bluemoon



遠く空の彼方に浮かぶ星


暗闇のなかこの街を照らす


キミと二人で見上げたbluemoon


ずっとこうしていられるように


胸のなか呟いた


3年後の夜もまたふたりで
[2015/08/02 06:46] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)
次へ

プロフィール

Ryo

Author:Ryo
京都在住
音楽・写真が好き
"蓮"というユニットでVoしてます
蓮:http://renmusic.wix.com/
ren-musique-ecrin
カメラはnikonD5000&スマホ(GALAXY SⅢα)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる