FC2ブログ
そらのカオ
なにげない日常の風景写真(おもに空)を気ままに撮っています。

朝晴れ



真ん丸のお月さまを背にしたら


新しい1日が目の前にあった


昨夜は眠れたかな?


まだ夢心地でいてほしい


キミの寝顔思い出してニヤける


しまりのないボクだけど


今日もまたあの笑顔に会えるように


1日頑張ろうって思える素敵な始まり
スポンサーサイト



[2015/09/30 06:03] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

奇跡の月



流れる黒い雲の隙間から


黄金に耀きながら語りかける


キミとこの月の下で手を繋いで歩きたい


きっと言葉はいらない


その温もりだけで満たされる


こうしてキミが隣にいる奇跡


ありがとうと素直に伝えたい


これからも続いていく軌跡に
[2015/09/29 06:02] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

月夜



月明かりがこの町を照らす


こんな静かな夜に


キミの心まで見えたらいいのに


さっきまで一緒にいたのに


不安はすぐにこの胸を占拠する


数えきれないほど口にしたけど


やっぱりキミが好き会いたいよ


[2015/09/28 06:08] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

あと一歩



もう少しだけ近づきたいけど


躊躇いがボクの心を邪魔する


俯いた先に重なる二人の影に


こんな風になれたら…なんて思うよ


小さな迷いも臆病な気持ちも


飲み込んでくれそうな大きな空に


深呼吸したら進めそうな気がした
[2015/09/27 09:21] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

奏でたい唄



キミの笑顔でボクは目覚める


キミのしぐさでドキドキなって


キミの言葉でハッとさせられる


そうして出来たボクの言葉を


思うように奏でられたら


キミにも少しは響くかもしれない


青空に描く一筋の雲のように

[2015/09/26 07:39] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

寒い夜には



いつもいつも二人の時は弱虫だけど


キミの心が風邪を引きそうなときは


ボクがそっと毛布をかけてあげる


ボクよりうんと強いのもわかってるけど


わかってあげられる唯一の人になりたいから


今なら少しはわかる人の痛みも


この足でしっかり立って


この腕でちゃんと抱きしめるから
[2015/09/25 06:00] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

道の駅



日常に追われて少し疲れたなら


そこに立ち止まってみればいい


爽やかな風の匂いやさしい木漏れ日


その心を癒してくれるものが


溢れていることに気づくだろう


そして誰よりもキミを想ってくれる


その暖かい笑顔を見失わないように
[2015/09/24 06:01] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

喜びは胸に



人はみんなワガママでいつも不満抱えている


本当は満たされているのに


時には大きな波に飲み込まれそうになるけど


ひとりじゃない温もりは傍にある


今ある喜びを探して見つけられたら


この山を越えてキミに辿り着ける


だから自分の足で歩いていこう


しあわせを感じながら





[2015/09/23 06:19] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

帰り道



溢れだしそうな思い言葉に出来ない


もどかしくてキミの手強く握った


月火水木金土日いつも願う


キミの心がやつれた時は傍にいたい


一緒にいる時間はあっという間にすぎて


また別々の場所へ戻ってしまうけど


きっと今頃同じように見上げている


この優しくてせつない夕暮れの空を
[2015/09/22 06:34] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(1)

明日へ



少し進んだと思ったらまた躓いて


立ち上がる気力も失せそうになるけど


あの頃のボクとは違う


今はキミが隣にいてくれるから


転んでもまたキミのところまで


歩いていこうと思えるんだ


だからもしボクがキミの後ろにいても


この手を取って待っていて


一緒に歩んでいきたいから
[2015/09/21 07:03] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

白い地図



今キミが立っているこの先は


真っ白な地図が広がっている


どんな線で道を描き


どんな色で風景を塗るのか


思うままにやってみればいい


それがキミの人生


それがキミの歩むべき道だから
[2015/09/20 10:01] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

深呼吸



ボロボロのスニーカー破れたジーンズ


今は懐かしさこみあげる


悔しさも涙も無駄じゃない


たとえキミが今ツラくても


いつかわかるはずだよ


人生は素晴らしいってこと


思い込みを脱ぎ捨てれば


共に生きる人 力をくれる夢


見えてくるから


さあ深呼吸して深く深く


[2015/09/19 06:46] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

おはようの唄



ホームの階段をかけ昇る朝


キミはまだ夢のなかにいるかな


いつかその名前を呼んでみたいけど


今のボクにはまだ相応しくない


今日もまた笑顔に会えますように


電車の上顔を出したお陽さまに願うよ


それがボクの穏やかな1日のはじまり


[2015/09/18 06:02] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

翼に変えて



もしも…なんてことを口にしても


今も未来も変えられないけど


この両腕が翼だったなら


今すぐキミのところへ翔んでいけるのに


眠れない夜も疲れた午後も


せめてこの想いだけでも


風に乗せて運んでほしいキミの胸まで


[2015/09/17 06:03] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

この先へ続く道



無理だと思いながらここまで来た


悩んでもがいて それでも気持ち膨らんで


繋がっているのかもわからないほど


この糸はもつれていたけど


今はハッキリと見えるキミの小指に


だから迷わずに進んでいこう この道を
[2015/09/16 06:14] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

AI WISH



楽しいときもツラいときも


時間は同じように過ぎていく


ここで重なったのは偶然じゃない


最初で最後の恋も全てを包みたい愛も


そう思えるのはきっとキミだけだから


どんな明日が来るとしても


キミと生きていたい そう願うよ
[2015/09/15 06:00] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

そらら



ボクはボクなりに迷いながら


キミはキミで幾度の選択をして


今こうして同じ場所に立っている


話したいことはたくさんあるけど


会話も忘れて目の前に広がる


蒼の世界でただ手を繋いでいよう


そのぬくもりがすべてだから
[2015/09/14 05:59] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

やわらかな休日



久しぶりに澄みわたった日曜の空


窓から流れてくる風に撫でられながら


いつもより寝坊していよう


お日さまが高く昇ったら散歩にいこう


何もいらない荷物はキミの左手


ゆっくりゆっくりと進む


景色もやさしい色に変わっていく
[2015/09/13 07:14] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

キラメキ



キミのこと想う朝


今日がたくさん笑える日であるように


キミのこと想う夜


今夜はグッスリといい夢が見れるように


いつも胸いっぱいになって


気持ちが弾けそうになるよ


キミがずっとボクと一緒にいたいように


ぎゅっと甘えたくなるように


ボクは昨日より今日より輝いていこう
[2015/09/12 07:01] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

交差点



キミが笑うと響く声はどこにいても届くよ


うまく笑えないボクはずっと憧れていた


誰かのためになんて言いながら


自分のことばかり考えていたボクと


昨日でサヨナラをしたんだ


こんなにも誰かを愛せることは


たぶんもうないと思うから


キミと笑いあって歩んでいこう


ツラい出来事や楽しいことや


いろんな毎日が行き交うなかで
[2015/09/11 06:03] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

キミとボクのシンフォニー



あの日ボクは恋に落ちた


キミの笑顔が特別に見えた


それから何色もの日々を重ねてきた


上手く笑えないときは面白い話を


泪滲むときはそっと拭うから


笑いあって語りあって


信じあって抱きしめあって


いつまでも瞳耀かせていよう

[2015/09/10 06:02] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)



焼きついて離れない違う肩に寄り添う笑顔


過ぎたこととわかっているのに


ボクはなんて小さいんだろう


キミがいることを確かめるように


その手の温もりを感じている


この渦の真ん中にたってみれば


ただの足跡だったと気づくんだろう


だからもうボクはここから出るよ


今のキミをちゃんと見つめたいから



[2015/09/09 06:01] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

ノクターン



ささくれた気持ちに疲れていた


そんな毎日に聞こえてきた


優しさ奏でるキミのピアノ


時には凛として強く


時には微かな囁きのように


耳を澄ませていよう


ひとつひとつその音色を受け止めて


ボクの力に変わってゆくから
[2015/09/08 06:01] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

やさしい手



些細なことで揺れる揺れる


ひとりになれば悩み創りだす


大切なキミを守りたいと思いながら


その顔を見ればいつも甘えている


わかってはいるけれど…


いつもそばにいて長い夜も眩しい朝も


不安になったら触れていられるように


[2015/09/07 06:00] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

透明な空



なんでもないって言ってるけど


なんでもないわけじゃない


ただ言葉が見つからなくて伝えきれない


心の思うままこの眼は嘘をつけないから


今日は怖がらずに音に出してみよう


透明な空にきっと谺してキミの耳に届くから
[2015/09/06 06:50] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

knock



いつからかもう忘れてしまったけど


空っぽの時間だけを過ごしていた


表向きの笑顔振り撒いて


そんなボクの心のドアを開けてくれた


ときには厳しくときには優しく


キミがいたからここまでこれた


キミがいるからこれからがある


だから伝えたい心からありがとうと


[2015/09/05 07:26] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

未来に咲き誇れ



灰色の雲に埋もれた陽射しを探していた


溢れる人波のなか自分らしさ求めるように


泣いても笑ってもそれを歌にしていこう


今はまだ蕾だとしてもいつか咲き誇れ


その胸にある熱い思いもまだ途中の夢も


ボク色にキミ色に共に歩いていくその道に



[2015/09/04 06:00] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

囀り



眠れないまま迎えた朝


夜毎キミのことばかり思い巡らせて


誰かと楽しそうに話してるだけで


胸のなか落ち着かなくなってしまうよ


伝えたいのは汚れた言葉じゃないのに


無垢な1日の始まりにさえずる小鳥よ


どうかあの人のところまで飛んでいって


美しいメロディ奏でて この想いを乗せて


[2015/09/03 05:57] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

そのままのキミがいい



悲しい出来事も憤りの偉い人の言葉も


街には風吹くように溢れているけど


キミはただキミでいてほしい


胸に抱く夢はそれぞれだとしても


その笑顔で歓びは何倍にもなって


その温もりで哀しみは半分になるから


ボクはもう少し大人になって


そんな存在になりたい そう思ってるよ
[2015/09/02 06:06] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

ボクを呼んで



その手を伸ばしてこの手が届くまで


いつも気付かないようにそっと隠す


寂しさも小さなわがままも


困らせないように優しさのなかに


キミがツラいときは誰よりも傍にいたい


名前を呼んで微かな声でもいい


ボクには聴こえるから


もっとキミのわがままを聞きたいから


名前を呼んで困った顔をしても


すぐに笑って受け止めるから
[2015/09/01 06:05] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

プロフィール

Ryo

Author:Ryo
京都在住
音楽・写真が好き
"蓮"というユニットでVoしてます
蓮:http://renmusic.wix.com/
ren-musique-ecrin
カメラはnikonD5000&スマホ(GALAXY SⅢα)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる