FC2ブログ
そらのカオ
なにげない日常の風景写真(おもに空)を気ままに撮っています。

MUGEN



いつもボクの心はおしゃべりだけど


静かにキミだけを見つめてみよう


その声をその思いを聞いていたいから


キミと出会えたことが力になるよ


デコボコ道でも迷いはない


キミに変わらない心をあげるよ


気付くのはずっと先だけど
スポンサーサイト



[2015/10/31 07:20] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

眠らない月



月日を重ねてもまた今日も


同じ過ちを繰り返す


離れていればいるほどに


想いは募っていくばかりで


キミの未来とボクの未来を


重ねて歩いていきたいのに


頼りないこの手を見つめている


今夜も眠れずにキミに会いたい
[2015/10/30 06:03] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

東の空に



朝の香りにふと立ち止まった


ボクは今何を成して歩いてるのか


気持ちばかり進もうとしている


大切なキミを守りたくて


でも思い描くボクとは違っていて


東の空に問いかけた


明日はまた何があるか分からないけど


一歩進もうキミの手を引いて





[2015/10/29 06:10] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

羽ばたいて



あぁまた今日もその胸の痛み隠して


キミは大丈夫と笑う


その細い肩にいくつも抱えながら


強くて大きな心に守られている


ボクはいつまでも弱くて


気持ちばかり空回りするけど


自由に羽ばたいて連れて行きたい


キミとキミが抱えているもの全てを


[2015/10/28 06:00] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

満月の下で



手を伸ばしたら届きそうな


あめ玉のようにまあるい月


かぐや姫よりウサギよりも


今夜キミに会いたい


明日西の空に眠るまで


ずっと話をしよう月明かりの下で
[2015/10/27 05:59] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

lovesong



ボクが描く未来には必ずキミがいて


笑ったり少し拗ねたりしている


キミに与えられるとしたら


この変わらない想いだけだけど


ボクはとてもワガママだから


キミじゃなきゃダメなんだ


この先も何十回何百回と歌うよ


キミに送りたい歌があるから
[2015/10/26 06:03] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

曖昧な空でも



街はいろんな表情を描きながら


昨日から今日へと


移り変わろうとしている


夜でもなく朝でもない


曖昧な色を重ねた空は


答えのないボクらみたいだけど


形あるものが全てじゃない


繋がっている見えない糸で


どこにいても手繰りよせるから
[2015/10/25 07:11] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

それだけで



目の前にキミがいてその眼にボクが映る


言葉を探すボクをもどかしそうに


待ちくたびれたみたいだね


空っぽなわけじゃなくて


暖かくて優しくて言葉が溶けてしまうんだ


このままここにいて


日溜まりに抱かれているような


キミの傍にいさせて
[2015/10/24 07:01] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

キミの声を



声に出来ずに飲み込んだ想い


きっとボクよりキミの方が多いね


耳を澄ませてちゃんと聞きたいのに


自分の想いが溢れてきて騒がしい


雑音に紛れそうなやっと口にした言葉を


ちゃんと受け止めるよ


だからもう少しボクに話しかけて
[2015/10/23 06:02] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

どこまでも



思い描いていた未来と今日が違っても


そんなのよくあることさって笑い飛ばして


時には自分に問いかけ悩んで


キミにうまく話せなかったとしても


この気持ちは続いていく


どこまでも どこまでも


見えない時があったとしても


ボクらの上にはいつも太陽が輝いてる
[2015/10/22 06:00] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

風歌空色



夜明け前まだ街も目覚めぬ朝


ボクはただこの空間に浮かんでいる


風の歌も空の模様も自由に描けるなら


キミの好きな色とメロディを載せてあげる


心地よくキミが眠りにつけるように


呟いていく おやすみ
[2015/10/21 06:09] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

ひと休み



今、キミの前の出来事が辛いなら


目を閉じて耳を澄ませてごらん


ガンバれっていう声が聞こえるだろう?


今、前に進むことが怖いのなら


目を開いて見つめてごらん


微笑むあの人の姿が見えるだろう?


いつもと同じような1日でも


ほら幸せはいっぱい溢れている
[2015/10/20 06:03] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

恋芽



生まれ変わったらまた会いたい


今度はちゃんとしたカタチで


でも生まれ変わらなくても


こうしてふたり傍にいるから


どうか愛させてこの灯が消えるまで


終わらないラブソングを歌おう


キミの胸に響くまで
[2015/10/19 06:03] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

伝えたい言葉



やりきれない気持ちのタメ息も


モヤモヤと胸の中沸きだつ雲も


自分が創ったものだってわかってる


情けなくてもがいて脱け出せなくて


キミに伝える言葉がごめんねよりも


ありがとうをたくさん伝えたい


ボクを覆う一面の白雲のように


大きな気持ちで今というときを


2度とないこのときを


[2015/10/18 07:05] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

プリズム



抑えきれない不安に長い夜過ごす


手探りで探すキミはとても遠い


この手を握って必要だと言って


そのぬくもりが希望に変わるから


零れ落ちた涙もいつか渇く


不安なのはキミも同じ


眩しいほどの朝陽がボクを照らす


越えられない時もやがて過去になる


過ぎた時間よりも今を未来を見つめて


キミとボクの今と未来を










[2015/10/17 06:40] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

希望ヶ空



当たり前の毎日にも幸せは溢れていて


たとえ今日が涙の日だとしても


言葉にならない想いは優しさに換えて


愛する喜びをこの手に抱いて


歩いていこう前を向いて


ひとりじゃない


ひとりじゃないから
[2015/10/16 06:09] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

小さな物語



宇宙から見ればボクら微生物くらい


ちっぽけな存在だけど


人の数だけ物語りは綴られている


ほら キミが笑えば


周りも幸せになるよ


そんな風にボクもキミを


幸せにしたい


キミと綴る笑顔の物語りで
[2015/10/15 07:17] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

はじまりの街



新しい1日を祝うような朝焼け


相変わらずボクは今日も


電車に揺られて仕事場へ


それでも心地よく風を感じるのは


陽射しのように微笑んで


キミが待っていてくれること


知っているから


だからまたこの街でボクは生きてる


[2015/10/14 06:01] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

心模様



太陽が西の空で輝いてる


さまざまな色を描きながら


ボクの想いがそのままキミに


伝わっているかはわからない


キミの気持ちも全部ボクが


わかっているわけじゃないけど


こうして傍にいて安らげる真実


ずっと大切にしたいいつまでも
[2015/10/13 06:04] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

波紋



キミの何気ない一言で


またざわめきたってしまう


小さな波紋はやがて大きな渦となって


ボクを飲み込んでしまいそうになる


大切なのは今のキミとこれから


不確かでも確かなものは


この胸にちゃんとあるから
[2015/10/12 06:37] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

sky fish



空の海に泳ぐsky fish


あるものは飛ぶように


あるものは優雅に流れるように


誰かの想いを乗せて


ボクはどんな風に描こう?


想いはこんなに膨らんでるのに


キミの目に止まるように


キミの心に響くように


いつまでも悩んでいるよ
[2015/10/11 06:22] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

海も空も



目の前に広がる一面の蒼


海と空とどっちが大きいか考えていた


それに比べたらボクはドットくらい


ちいさなちいさな存在だけど


キミを大好きな気持ちは


海よりも空よりも大きいんだ


きっと大げさだって笑うだろう
[2015/10/10 06:46] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

陽の出



キミの前では泣き虫だけど


悲しいからじゃなくて


キミがとても暖かいから


かけがえのないキミに


ボクに出来るすべて捧げたい


暗い気持ちで彷徨っていた道も


今はいろんな景色が見えるよ


世界でたったひとりの


キミに出逢えたから


[2015/10/09 06:05] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

ふわり




キミが微笑むと風は揺れて


キミが笑うと幸せのシャボン玉弾けた


虹色の幸せに包まれたから


今日もこうして笑っていられるよ


ボクはキミのソファになって


すべてを受け止めて抱きしめるよ


いい夢が見られるように
[2015/10/08 06:03] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

翔べない鳥



まるで翔べない鳥のように


羽をバタつかせてもがくばかりで


相変わらずボクはここにいる


強い人になりたい


キミと家族になりたい


夢を描いては溜め息ばかり


いつかこんな日も笑えるように


今ある幸せもキミの笑顔も


全部全部抱きしめていたい
[2015/10/07 06:03] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

眼を開いて



雨の日も曇りの日も見えてはいないけど


太陽はいつものように昇り沈んでいく


今は見えそうで見えなくなっている


キミのまあるい心も


本当はここにあって


何かを告げているのかもしれない


霧のかかったこの眼を開いて


見つめよう素直な心で


一番大切なものを見逃さないように
[2015/10/06 06:03] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

上を向いて



何度も何度もキミの名を呼んだ


ちっぽけな自分を恥ずかしく思って


自転車漕ぐ足も何だか重い


夕暮れの空にまっすぐ伸びる飛行機雲


落ち込んでるなよ!って


励まされているみたいだった


今日がうまくいかなくても


明日はいいことがあると信じて


笑っていよう前を向いて
[2015/10/05 06:01] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

キミとふたりで



叶わないと思っていたあの頃は


この想いは決して報われることはないと


届いた大きな想いは今、芽吹いて


新しい気持ちを育んでいる


今度はひとりじゃない


キミと一緒に
[2015/10/04 07:01] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

夕焼けのキミ



もの悲しく感じていた夕焼けも


今は暖かく感じるんだ


きっとキミのおかげなんだろう


なんでもない今日の出来事を


胸のなか呟いているよ


キッチンに立つキミを思いながら
[2015/10/03 06:03] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

風の唄



メロディが風にのって届きそうな


空を見上げてキミを想っていた


隠してるつもりの願い事も


きっとキミにはバレている


同じ願いを抱いていてくれるなら


この歌は終わることなく


いつまでも響き続けるよ


キミとボクを包むこの空に
[2015/10/02 06:02] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)
次へ

プロフィール

Ryo

Author:Ryo
京都在住
音楽・写真が好き
"蓮"というユニットでVoしてます
蓮:http://renmusic.wix.com/
ren-musique-ecrin
カメラはnikonD5000&スマホ(GALAXY SⅢα)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる