FC2ブログ
そらのカオ
なにげない日常の風景写真(おもに空)を気ままに撮っています。

あちこち



キミに好きになってもらうには


どうしたらいいか


そればかり考えているよ


無口になったりおしゃべりになったり


試してみるけどキミは相変わらずで


自分らしさが見えなくなるけど


そんなボクを面白く見てるんだろう


それがボクってヤツかもしれないな
スポンサーサイト



[2016/05/31 05:58] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

想結



こんなに大切だって思っているのに


ちっとも大切に出来ていなくて


ずっと守りたいと思っていた人は


一番傷つけていた人でした


その声もその瞳もその手も心も


もっと知りたくてもっと愛したいのに


結局ワガママでしかないボクを


赦してくれてありがとう


今度はボクがキミの心を


ちゃんとちゃんと見つめているよ





[2016/05/30 06:05] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

会いたい理由



"お疲れさま"早く休んでってキミは言う


ボクは疲れたからキミの顔見たいのに


そんな気持ちをわかってほしいけど


言葉じゃ何か足りなくて


言葉じゃ余分なものがついてくる


そんな胸に開いたあなのようなもの


埋めてくれるのはやっぱりキミの笑顔
[2016/05/29 07:06] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

新陽



生まれたての太陽のように


すべてのものを照らすその笑顔に


今日も会いたくて足を運ぶ


誰でも壁にぶち当たることはあるけど


高いとか難しいとかそんなことは


自分の物差しでしかない


だから一緒にいこう


また新しい太陽を眺めに
[2016/05/28 07:10] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

言の葉



ありがとうって一言で終われないほど


いろんな気持ちをキミに伝えたいけど


ボクの拙い話し方じゃ上手く届かない


この想いと一緒に育てたい言葉


ボクにたくさんのものをくれるキミに


元気になる言葉


笑顔に変わる言葉


穏やかでいられる言葉


いつも贈りたいから
[2016/05/27 06:04] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

溜息の先に



こんなに近くにいて見つめてるのに


キミが出すサインに気づけない鈍いヤツで


やっぱり今日も空振りしてるみたい


傍にいても離れていても


いつだって支えられる強さ身につけたい


その体を何重も包み込めるほど


薄桃色の想いが溢れてしまいそうだから
[2016/05/26 06:02] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

君色の光



まだまだボクはポンコツのまま


何だかなぁってキミの声も聞こえるよ


わかっているのにいつも独りよがり


キミのこともっと知りたいから


受け止められるほど大きくなりたい


キミという光の前にずっといられるように
[2016/05/25 06:10] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

背中を



その凛とした背中がカッコよくて


憧れと淡い想い抱いた


いつしかその背中を見ることが


寂しくて遠く感じた


小さなことで躓いて大きな事を見失う


相変わらずダメな自分を


もう終わりにしたいよ


少しくらいキミに頼られるように


しゃんと背を伸ばしていこう
[2016/05/24 06:00] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

恋の実



心に大きくなりすぎた恋の実は


行く先を見失ってばかり


キミを独り占めしたくて


キミの大切なものまで奪おうとしていた


本当はたくさんのものあげたいのに


こんな自分はもうやめよう


キミの前で笑顔でいられなくなる前に


キミが誰かのものになる前に


真綿のような優しさを育てよう
[2016/05/23 06:09] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

無表情



寂しいから笑っているの?


嬉しいから笑っているの?


その優しさが感情を抑えていること


何となく気づいているけど


ボクはもっと知りたいその心を


壊れそうなほど抱きしめても


まだ掴みきれないまま
[2016/05/22 08:33] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Sky fish



強い陽射しがこの部屋に熱を籠らす


思い出したように優しい風吹きながら


青く青く広がった空のなかを


ゆらり浮かぶ雲のように


キミの溢れる海のなかを


いつまでも泳いでいたい


狂おしいほどに




[2016/05/21 07:47] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)



思いは目に見えないものだけど


優しさは形にすることが出来る


ボクはときどき外側と内側で


違うことをして傷つけてしまう


人の数だけ形はあって答えなどない


ここに生まれたiをボクのやり方で


優しさを届けたい たったひとりのキミに






[2016/05/20 06:03] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)



きっとこれまでたくさんの恋をして


なんでもお見通しなその首筋に


また引き寄せられて堕ちていく


まだ知らないキミのずっと奥のほう


口づけて指を絡めて気が遠くなるまで


甘い蜜も隠れた想いも溶けだすまで
[2016/05/19 06:03] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

カワイイヒト



恋という言葉ではすまないほど


いろんな想いがこの胸に渦巻いている


キミのことをもっともっと知りたい


ボクのまだ知らない顔見せてほしい


触れるたびにせつなさ残して


ボクの扉をノックしていく


だからまたすぐに会いたくなるんだ
[2016/05/18 06:02] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

幾度目かの告白



どうにもならないことは何とかしたいこと


これまでもそうやって前へ進んできた


諦めるってことを諦められないから


溢れて形にしたい言葉伝えたい


守ると言いながらいつも守られていた


キミが好きでいてくれるから


少しだけ自分のこと好きになったよ


だからちゃんと聞いていてキミが「 」
[2016/05/17 06:04] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

100年先まで



まいにちが同じように続いて行くようで


本当は明日のことなんて誰も知らない


だからわけもなく不安になったり


確かな言葉をほしがるんだろう


100年先の未来にボクらはいないけど


それくらいずっとずっと


キミのこと好きだから


重ねていこうふたりの時間を
[2016/05/16 06:03] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

笑顔の裏側



ふと声が聞きたくなって電話をかけた


そしたら会いたくなって


会えば離れたくなくなって


無理なことは口にしたくないって


キミは言うけど


寂しい気持ちを一人抱えないで


強く強く抱きしめてキミの奥まで確かめたい


そのすべてを受け止めたいから
[2016/05/15 08:03] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

光の導く方へ



いつでもボクはゴメンと謝ってばかり


キミの一番キライな言葉を口にして


とてもとても大切なキミを


誰にも取られたくなくて


秘密の宝箱に閉じ込めようとしていた


その優しさに甘えてばかりだけど


この想いに偽りなどないから


キミにさらけ出したいボクの心を
[2016/05/14 06:13] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

呼吸



思いのまま嬉しい気持ちを伝えたい


心のまま苦しいと言えないキミのために


何も与えられるものはないけど


キミの呼吸が踊るように


心から笑っていられるように


ボクに出来ることはすべて贈りたい
[2016/05/13 06:05] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

雨上がり



数日降り続いた雨もあがり


蒼い空と大きな白い雲が現れた


キミを好きで好きでせつなくて


降り続いてるボクの心にも


太陽のようなキミの笑顔が輝くように


笑っていこう今日も明日も
[2016/05/12 06:01] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

言葉にできない



ひとつの恋が終わってまた誰かを好きになる


誰もが繰り返すただひとつを求めて


こんなにも深くキミのこと好きで


最後の恋だってわかっているのに


ボクはいつまでたっても小さくて


悩みばかり大きくなっていくよ


それが悔しくてもどかしいけれど


やっぱり上手く言葉にできない




[2016/05/11 06:05] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

ありがとう



たったひとりのキミにありがとう


この星に産まれてくれて


この街で大切なものを育んで


ボクと出逢ってくれてありがとう


ありがとう


そのすべてが愛しいから


ありがとう


[2016/05/10 06:10] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Venus



いつのまにボクはこんなに弱くなったんだろう


初めからってきっとキミは笑うだろう


その一言ですぐに揺れる


そのしぐさで胸は高鳴る


気付かれないように装ってみても


やっぱりそのひとつひとつから


目が離せなくて今日もキミのなかへ
[2016/05/09 07:40] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

青い鳥



たとえこの羽が錆びたとしても


ボクは何度でも磨いて飛び立ってみせる


辿り着きたい場所もわかっているから


上手くいかない日があっても


キミがそこにいてくれる限り


幸せを届ける青い鳥になって
[2016/05/08 07:17] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

声を聞かせて



どれほどの荷物を抱え頑張っているの?


逃げたくもない分けてほしいのに


この道がどこに続いているか


まだわからないけれど


キミと二人で創っていきたいと思うよ


だから少しでもいいから


その胸の奥の声を聞かせてボクにだけ


ちゃんと聞いてるから
[2016/05/07 07:43] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

陽炎



溢れてくる想いを歌にしても


伝えきれない言葉手紙に託しても


やっぱり届いていないみたいだ


ああ出来ることならばこのまま


キミをさらってしまいたい


どこか遠くの街まで


そんな想いを今日も飲み込んで


ボクは不器用に笑う
[2016/05/06 06:02] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

それから



いつもと同じように聴く音楽も


いつもと同じように歩く街並みも


不思議だねハッとする瞬間がある


当たり前に流れていく日々は


こうしてそれぞれの心が創っていくんだろう


だから今日もまた同じように


キミに向けてこの歌を唄う


大切な想いのなかに少し違う


エッセンスを混ぜて
[2016/05/05 06:55] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

見えないもの



自分を知れば知るほど後ろ向きになって


違う方角を探してさまよっていた


もう誰のせいにもしないよ強くなりたい


ボクが今まで見ていたのはキミのようで


キミに映した自分の姿かもしれない


今からちゃんと向き合っていこう


キミの想いを全部この手に掬うために
[2016/05/04 06:43] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

生誕



たわいもない今日だけれど


ボクだけの特別なこの瞬間に


キミが隣で微笑んでくれてることが


何よりも大切な贈り物だから


この命続く限り同じように過ごますように


ろうそくに願いを込めて
[2016/05/03 06:49] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

魔法の手



いつも全部わかっているみたいに


ボクの心をそっと癒してくれる


キミは本当に魔法使いのように


ただキミを見つめてその手を繋いで


ボクの残りの時間そうやって過ごしたいけど


キミにもボクにまだ


やらなきゃいけないことがあるから


もう少し強くなろうと決めたんだ
[2016/05/02 05:57] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)
次へ

プロフィール

Ryo

Author:Ryo
京都在住
音楽・写真が好き
"蓮"というユニットでVoしてます
蓮:http://renmusic.wix.com/
ren-musique-ecrin
カメラはnikonD5000&スマホ(GALAXY SⅢα)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる