FC2ブログ
そらのカオ
なにげない日常の風景写真(おもに空)を気ままに撮っています。

らくがき



本当のことはわかっているけど


キミの仕草でボクの心は揺れる


頑張っているつもりでも


いつまでたってもキミは大人でボクは子供


少しでもこの距離を埋めたいのに


やっぱり今日もため息ひとつ


スポンサーサイト



[2016/07/31 08:22] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

プロローグ




おはよう いってきます ただいま おやすみ


当たり前のやり取りだけど


本当は奇跡なんだってふと思うよ


でもねまだボクらは過程のなかにいて


キミとはじまりの歌を創りたいんだ


どうか同じ気持ちでいてくれるように


祈りながら五線紙に音符を載せて
[2016/07/30 07:29] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

越えていくもの




目の前の壁が大きく感じるかは


きっと心の目がどこを見つめているかで


その先にあるものをボクは手にしたい


そう教えてくれたキミをもっと大切に


してあげたいことはたくさんあるのに


ほとんどしてあげられないけど


言葉も心も優しさも強さもぬくもりも
[2016/07/29 06:03] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

ボクだけに



その強い視線の横顔がキレイだから


また見とれてしまうよ


耳を澄ませたら聞こえるだろうか


音にならないキミの声が


瞳濡れる夜にはそっと睫毛に口づけたい


いつもこの手を暖めておくよ


だから求めてほしいどんな時でも
[2016/07/28 07:43] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

これから


 
優しさに溢れたキミに今会いたくて


いつもの笑顔思い浮かべている


生きる強さを与えてくれた


そのおかげでボクはボクになれた


やり直せない過去は思い出にして


今とこれからを大切にしたいキミと


[2016/07/27 06:01] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

輝いて



目的もなくただ歩くいつもの道を


やっぱり考えるのはキミのこと


いつも頑張りすぎるから目が離せなくて


いつも気を配りすぎるから心が離れない


キミに合う優しさを上手くあげられる


そんな懐を身につけたい


キミがいつまでも輝いていられるように


[2016/07/26 06:05] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

キミの涙を



心の涙は目に見えないけれど


キミが一人で泣いているような気がして


何も出来なくても傍にいたいと思った


いちばん困らせているけど


本当はずっと二人で笑っていたい


キミが元気になるような


キミの心が温まるような


そんな歌を聴かせたいいつの日か
[2016/07/25 06:02] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

空に向かって



思い描いている夢の場所がゴールではなくて


きっとそこが始まりのとき


キミが安らげる世界を作りたい


毎夜深い眠りにつけるように


高いと感じている空さえも


いつかは近くに感じられる時がくるはず


自分の弱さ乗り越えていきたい


今この瞬間から


[2016/07/24 07:15] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

何度も


頑張ったつもりで上手くいかなくて


悔しくて苦しくて投げ出したくなっても


キミのカオを見たら、まだやれるって思うんだ


その名前何度も心のなかで呼んでみる


諦めることを諦めないでいくよ


キミと積み重ねたい時間があるから
[2016/07/23 08:04] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

包容



当たり前のような小さな幸せは


いつの間にか生活に埋もれてしまうけど


生きる力と歓びを思い出した


キミのすべてをやさしさで包みたい


寒い夜も寝起きの悪い朝も


この手が心が強く響くように


後ろを振り向かずにキミと前を見ていく
[2016/07/22 05:53] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

大切な人



もし、あの時に戻れたなら


キミはどんな選択をするだろう


もし、あの時に戻れたなら


ボクは過ちを冒さなかったのに


そんなことを考えてみても


そうしている間にも時間は進む


あの時なんて思わなくていいように


出来ることやるべきことを


大切な人の笑顔守るために
[2016/07/21 06:00] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

キミが教えてくれたもの



この星に生まれて長いようで短い道のり


誰しも楽しいことばかりじゃないだろう


今悩んでいるのは耀く未来のため


人の優しさにふれて人は優しくなれる


キミの優しさにふれて、その事に気づいた
[2016/07/20 06:11] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Life



うたた寝していたボクの頬に


優しい手のぬくもりを感じた


こんな風にすごす昼下がり


キミにありがとうと


大好きな気持ちで満たされて


また明日から頑張れるよ


今日もありがとう
[2016/07/19 06:09] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

休日



あの日キミが言った言葉が忘れられなかくて


今もチクリとする後悔の刺が


最近の幸せはキミがこなす日常を


傍で見たり感じたりすること


ボクは有名人でもお金持ちでもないけど


こんな風に当たり前の日常を


キミと重ねていきたいんだ
[2016/07/18 07:38] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

gift



キミをこんなに好きだけど


気持ちの大きさを伝えることは出来なくて


すごくもどかしい時があるんだよ



形があるものは いつか壊れてしまうけど


形に出来ないこの気持ちは


永遠に壊れることはないから


残りの全部キミが笑っていられるように
[2016/07/17 10:12] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

同じ空を



それぞれに帰る場所は違うけど


いつもキミに傍にいてほしい


いつか同じ場所に帰って


ふたりで流れゆく空を眺めれるように


同じ夢を描きながら
[2016/07/16 07:49] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

碧の光



キミのすべてを自分のものにしたくて


ボクは子供みたいにだだを捏ねてみる


それがキミを困らせてるのに


どうすればいいかわからないくらい


キミのことでいっぱいなんだよ


ほら厚い雲から覗き始めた太陽が


鮮やかに照らしだす全てのものを


だから背筋伸ばして歩きだす


新しいボクに出会うために


キミを抱きしめるために

[2016/07/15 06:06] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

移りゆく空



ようやく気づいたことがあるんだ


今更?って思うだろうけど


それでもまだ気づいていないこと


まだまだあるんだろうな


キミのぬくもりに甘えて


ボクは言葉足りなくて


移り行く空のように時間は戻せないから


今日という日に意味を与えて


キミに優しさの花を届けたい
[2016/07/14 09:27] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

ひとつ



その一言でボクは幸せになる


その笑顔1つで優しい気持ちになって


その仕草ひとつで心奪われて


その一声でキュンと胸が締めつけられる


そのひとつひとつがプラスであるように


キミに与えられるボクになりたい
[2016/07/13 06:00] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

足跡に小さな花を



自分らしさなんて後からついてくるもの


考えるよりも素直に生きること


キミはいつだってそうしてきたけど


ボクだけが立ち止まって考え込んでいたよ


失敗だって自分がそう思っているだけ


ほらもうすでにはみ出しているんだろう?


守りたいのはただひとつ


キミの小さくて大きなこころ


不安を慶びに変えてこの手を強く逞しく
[2016/07/12 06:01] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

他愛



キミにもボクにもやるべきことがあって


ほんの少しの隙間ですれ違ったり


キミはボクを ボクはキミを


こんなに思いあっているのに


素直になれなくて


寂しさ分けあって優しさを育む


そんな時間を積み重ねながら


この先もキミとともにいたい
[2016/07/11 06:07] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

万華鏡



キミの仕草ひとつひとつ追いかけてしまう


その瞳が見つめるものその声が呼びかけるもの


その腕が抱きしめるもの全てに嫉妬してしまう


ああ出来ることならキミをこの手に抱いて


深く深くキミのなかで溺れていたい


誰も知らない淫らなキミと
[2016/07/10 07:43] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

育む



ボクに生きる意味を与えてくれた


キミに共に生きる意味を与えよう


小さな灯火となるときまで


愛を注いで大切に育てたい


雨降るときは歓びの涙を


照り輝くときはとびきりの笑顔を


ずっと紡いでいけるように
[2016/07/09 05:44] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

Heart



こぼれ落ちた涙はキミへの想い


言葉に出来ないのは深く悔やんでるから


ふたりこんなに傍にいたのに


ボクが見ていたのはボク自身だった


キミの優しさも暖かい想いも見落としていた


これからはちゃんと見つめているよ


ふたり寄り添ってハートになるように


[2016/07/08 05:58] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

circle



あてのない答え探してグルグル廻っていた


迷い子のようにわからなくなって


反対に廻ってみたら


気づかなかったキミの心が少し見えた


心を紡ぐ歌を唄うよキミに届くように


今はこの手が頼りないこと知ってるけど


ずっと離さないでいて共にいきたいから


[2016/07/07 06:06] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

夜を越えて



飛べないままの鳥もいつかは羽を広げる


今はまだ弱くても必ず強くなれる


心の奥でしか流さないキミの涙を


ちゃんと拭えるように


寂しさももどかしさも一夜毎に越えて


キミのもとへキミのもとへ


愛情という一言では表せない想いキミへ
[2016/07/06 06:06] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

memory



肝心なことは口に出せないで


ボクが見ていたのは透明なキミの姿


考えすぎて結局は自分のことばかり


こんな濁ったままじゃキミを守れない


立ち止まって焦がれていた想い巡らす


見失っていたものが見えてきたよ


もう一度その心を預けてほしいから


今出来ること今必要なことをキミに
[2016/07/05 06:07] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

route1



休日の道はどこまでも続く車


いろんな人の時間を乗せて


二人だけの空間 このままでいたい


少し急いだりゆっくり走ったり


時には流れのままに行ってみたり


そんな1号線を走るみたいに


ボクもまた進んでいけばいいのかな
[2016/07/04 06:08] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

美しいヒト



ボクの知らないキミに嫉妬ばかり


美しい横顔もやわらかな肌も


永遠にボクのものにはならないの?


それでもやっぱりキミじゃなきゃダメで


失ってしまうくらいなら


いっそボクよ消えてしまえ風のように

[2016/07/03 08:49] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

宵待ち夕暮れ



もうすぐ陽が沈む西の空に


暗くなれば不安はまた訪れるけど


鳥が夜でも自由に羽ばたいているように


ボクはキミの気持ちに寄り添っていたい


だから少し弱いところ見せてほしい


そのすべてが愛しいから
[2016/07/02 08:37] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)
次へ

プロフィール

Ryo

Author:Ryo
京都在住
音楽・写真が好き
"蓮"というユニットでVoしてます
蓮:http://renmusic.wix.com/
ren-musique-ecrin
カメラはnikonD5000&スマホ(GALAXY SⅢα)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる