FC2ブログ
そらのカオ
なにげない日常の風景写真(おもに空)を気ままに撮っています。

たいせつなこと



いつの間にか呼吸することを忘れていた


灰色の心に息を吹きかけてくれたのはキミ


ただ過ぎていく時間は愛しくなって


だけどキミには全然返せないままで


いまだにちっぽけなボクだけど


男とか女とか大人とか子供とか


そんなことに囚われているより


目の前の人をどれだけ思いやれるかって


それがいちばん大切だってわかったんだ
スポンサーサイト



[2016/09/30 06:05] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

雨はやがて



降りやまないと思っていた雨も


いつかはやんで空に虹も雲も浮かぶ


そんな風に今は胸がチクリと痛んでも


最後はキミと一緒に笑っていたい


それがボクの一番の望み


キミにとっても一番の願いであってほしい
[2016/09/29 06:11] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

キミのために出来ること



キミがもし今寂しいのならボクの心で埋めて


キミが涙を流すのならボクの手で拭うなり


涙隠して思いきり泣いて


キミがどこかへ行きたいのならボクの足を使えばいい


キミの足りない一部になれたなら


こんなボクにも生まれた意味があるだろう

[2016/09/28 06:10] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

ずっと



今を生きているキミとふたりで


たくさんの人に支えられながら


キミは知ってるかな?


その笑顔にいつも救われていること


同じ時間を過ごすことが多くなっても


今日も明日も明後日もずっと


やっぱりその笑顔を見ていたくて
[2016/09/27 05:48] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

電車の窓から



電車の窓の向こうに見える景色は


当たり前のように感じるけど


電車にも一人で乗れなかったあの頃は


無限に夢が広がっているように思えた


今はもうどこにだって行けるのに


自分の心だけが狭くなってしまっていた


まだ知らない世界も聞いたことのない音楽も


この星には溢れているから


見つけていこう心も体も自由になって
[2016/09/26 06:04] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

ただただ



くだらないと思っていた日常が


本当は素敵なことが溢れているって


キミが教えてくれたんだね


いつも同じことばかりって言うけど


本当に美味しいものを食べたとき


何も言えないか美味しいとしか言えないように


キミのこと好きだとしか言えないんだよ


[2016/09/25 08:00] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

手を繋いだら



キミがいてボクがいて何事もなく


時間だけ過ぎていくように感じるけど


繋いだキミの手からは優しさや温もりだけじゃなく


生きていく強さや甘えない厳しさも感じるよ


二人でいることがかけ算になって


ボクの手をキミが安心出来ると思えるように


いろんなもの積み重ねていこう
[2016/09/24 07:29] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

いちばん



嬉しいことがあったときに


真っ先にキミに話したくなるのは


キミが笑って一緒に喜んでくれるから


嫌なことがあったときに


キミの顔が見たくなるのは


優しく包んでくれるから


気がつけばいつも暖かさに包まれて


ボクは幸せにしてもらっていた
[2016/09/23 06:01] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

キミがくれたもの



会えない時間がこんなにもツラいなんて


知ることになったのは


キミを好きになったから


笑顔ひとつでこんなにも満たされる


温もりを知ったのは


キミを好きになったから


たくさんの気持ちをキミにもらって


ボクの人生は豊かなものになったよ


ありがとう
[2016/09/22 07:27] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

見つめていたい



失うことが怖くてたまらなくて


ボクは時々自分を見失いそうになる


ボクの残りの時間その優しい手を繋いで


その綺麗な目をずっと見続けていられたら


こんな願いを思わずにいられないほど


キミに心奪われているんだよ








[2016/09/21 06:02] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

終わることのない想い



この地球が誰のために回っているかなんて


誰にもわからないけど


ボクの世界はキミを中心に回っている


どうしようもないくらい


キミのことが好きだけど


今でもキミの気持ちは靄がかかったまま


とことん好きでいようと思うけど


きっともういいって日は来ない


今日もまた行き場のない想いを抱えて


心はどこかの空の彼方へ
[2016/09/20 06:03] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

見上げた空には



毎日はものすごい早さで過ぎていくけど


立ち止まって空を見上げることも


歩き続けるなかには必要なんだろう


過ぎ去った時間には戻れなくても


あの時見えなかったモノ見えるかもしれない


今日キミに出来なかった優しさを


明日のボクはちゃんと出来るために
[2016/09/19 07:28] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

寄り添って



キミの誕生日も血液型も


好きな食べ物だって知っているけど


キミが何を願って何に胸を傷めているのか


本当に知りたいことはわからないまま


だから今日もキミに寄り添って


大事なこと見つけたいと思うんだ
[2016/09/18 07:36] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

都会の空にも



いつもは少ししかみれない空も


場所を変えてみればこんなにも広がる


きっと今ボクの頭を悩ませているものも


違うところから見ればちっぽけなもんだろう


大切なことは今日もキミが笑っていること


そのために今日もボクは進む自分の歩幅で
[2016/09/17 08:00] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

大きくなって



これまでボクはたくさんの寄り道と


回り道を選んできたと思うから


キミのところにはただ真っ直ぐ進みたい


今はまだゴメンの方が多いけど


アリガトウがこれから増えていくために


数えきれないほど抱きしめて


その傷みも虚しかった日々も癒えるように
[2016/09/16 06:02] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

それだけで



毎日頑張ってって言いながら


頑張ってるのわかっているから


どうか無理しないでって思っているよ


出来るだけキミに笑っていてほしい


イヤなことがあったとしても


キミもボクも笑って今日を終われるように


分けあったり話し合ったりしよう
[2016/09/15 06:02] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

しゃんと



頼りないこの手を取ってくれた


細い方に寄りかかっていたボクを


とても恥ずかしいと思うから


ちゃんとこの足で立っていたいと思う


キミがいつでももたれかかれるように
[2016/09/14 06:00] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

負けない強さ



他人を非難して自分の身をごまかす


ズルい自分を知っているのは自分だけ


堂々とキミの前に立っていたい


夢は叶えたいと思うけど空想じゃなくて


リアルな目標となって実現していきたい


そのためにボクはまた挑戦していこう
[2016/09/13 05:57] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

車窓



キミが今まで過ごしてきたボクの知らない日々を


時々知りたくなるのはなぜなんだろう


聞いたところで切なくなるだけなのに


そうキミとボクは全然違うけど


たくさん話をしていろんなとこ見せあって


同じ道を歩いていきたいって思うよ


いつまでもキミを見ていたいから
[2016/09/12 06:04] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

未来へ



小さな頃夢見ていた未来のボクは


今ここにいないけど


この空がこの海がこの風が


あの時の気持ちを思い出させてくれる


まだボクは旅の途中


今度は自分の描く未来へ辿り着けるよう


一歩一歩進んでいこう
[2016/09/11 08:16] | 風景 | トラックバック:(0) | コメント:(0)

特別な人




あるとき一人の人と出会った


何かはわからないけど


これまで出会った人とは違っていた


その仕草ひとつひとつが心をかき乱す


キミは永遠にボクのスペシャルなんだろう
[2016/09/10 07:40] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

波と渦



今日も空はキレイだった


風はやさしく頬を撫でた


だけどやっぱりキミの笑顔には敵わない


キレイという言葉ではもの足りたくて


その頬に触れて髪を撫でて


いっそのことむちゃくちゃにしてしまいたい


ボクの胸を穏やかな波と渦が往き来する
[2016/09/09 06:05] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

乗算



またひとつ無神経な言葉で大切な人を傷つけた


未熟な嫉妬のせいでいつまでも子供のまんまで


もうこんなボクとは終わりにしたいんだ


過ぎてしまったことは戻せないから


マイナスとマイナスをかけてプラスになるように


キミを傷つけた分笑顔に変えていきたい
[2016/09/08 06:01] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

越えて



たくさんイヤなこともあったけど


そのお陰で人の傷みがわかるようになった


思うように動けないこともあったけど


体の痛みに気付いてあげられるようになった


それでもまだまだ知らない世界があって


いたみを感じるたびに強くなれる


キミのためにボクのために


そう教えてくれたキミの強さにありがとう
[2016/09/07 06:00] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

桃色夕暮



なんだかんだと考えすぎて


大事なもの見落としているような


情報に振り回されて素直になれないでいた


守りたいのは傍にいてくれるキミの笑顔


哀しみや迷いは沈みゆく太陽とともに


言い訳はそろそろ終わりにして


変えていこう この弱いだけの心を
[2016/09/06 06:02] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

夏休み



夏の記憶キミと刻みたい


風に揺られながら匂いも色も形も


思い出はふたりの辿った道となって


確かなものへと繋がっていくから


もうすぐ夏は終わってしまうけど


また始めようふたりの新しい夏を
[2016/09/05 06:01] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

たったひとつの



この指はキミの涙拭うために


この腕はキミを抱きしめるために


この声はキミが眠れるように


キミのために生まれたんだなんて


大げさなこと思ってみたり


だけどね やっぱり


キミはボクにとってたったひとつの


愛なんだよ
[2016/09/04 08:50] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

もっと



その目を見つめていたい


その声を聞いていたい


24時間とめどなく馳せる想い


キミの気持ちわかっているつもりだけど


ゴメンよ やっぱりキミが欲しい


そっと流す涙も過ぎ去った傷も


全部全部知りたくなるんだ


きっと全て受け止められるから


やっぱりキミが欲しい
[2016/09/03 07:20] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

calling



いつだってその顔が見たくて


眠れない夜はその声が聞きたくなって


浮かない日はその手の温もりが恋しくて


支えたいなんて偉そうに言ってみても


結局いつもキミを求めている


情けないばかりのボクだけど


やっぱり傍にいてほしいんだよ
[2016/09/02 06:00] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

街の片隅で



ねえ 会えない時間


少しでもボクのこと考えているのかな


キミの手には抱えきれないもの


持っていることわかっているけど


ぼんやりとキミのこと思っているよ


毎日あっという間に時間は過ぎ行くけど


雑踏のなかでもビルに空をかき消されても


大切なこと見失わず進んでいきたい


小さな物語のなかで
[2016/09/01 06:01] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

プロフィール

Ryo

Author:Ryo
京都在住
音楽・写真が好き
"蓮"というユニットでVoしてます
蓮:http://renmusic.wix.com/
ren-musique-ecrin
カメラはnikonD5000&スマホ(GALAXY SⅢα)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる