FC2ブログ
そらのカオ
なにげない日常の風景写真(おもに空)を気ままに撮っています。

風香



キミと歩く空の下は甘い香りがした


くしゃみをガマンしようとする顔が可愛くて


その横顔覗きこんだ


こんな小さな幸せをずっと求めていた


キミがくれるこの時間を大切にしよう


いつまでも続くように
スポンサーサイト



[2017/04/30 07:20] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

蒼と緑と透明な輝き



ほら空を見上げて風の音を聴いて


疲れた心にも体にも沁みるだろう


立ち止まっても躓いて転んでも


道はいつだって目の前にあるから


ボクはキミと共に進んでいきたい


ゆっくりだっていいから


立ち止まりながらでもいいから
[2017/04/29 08:22] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

ボクを思い出して



人は生まれたら誰もみな


未来を描き過去を創り続ける


なんとなく力足りない夜は


ボクを呼んでくれたらいい


上手い言葉はかけられないけど


この腕でキミを包んで


この声でそっと唄うから
[2017/04/28 05:42] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

漏光



今はまだ光そのものが見えていなくても


キミを照らそうとしている


光の粒子たちが見えるだろう


その時をキミを待っているんだよ


だからいつものようにキミらしく


歩いていけばいい
[2017/04/27 05:42] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

優しさの翼



ボクはそばにいられればそれで幸せだよ


このまま目を閉じないでずっといたい


小さな肩を全部包み込めるように


ボクは優しさの翼を身につけよう


柔らかくマシュマロのような翼を
[2017/04/26 05:43] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

暮らしのなかで



時計の針はただひたすらに廻る


ボクらの思いなんか関係なく


いつもと同じようで昨日とは違う空


ボクは電車の窓からキミはリビングの窓から


同じ気持ちで見上げていたらいいな


心はすぐ傍にいられるように
[2017/04/25 05:39] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

はなればなれ



さっきまで一緒にいたじゃない


そう言ってキミは笑うけど


このドアを閉めた瞬間から


ボクはもう会いたくてたまらない


西の空に浮かぶ太陽を見つめながら


早く会わせてとまた願うよ
[2017/04/24 05:43] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

気ままに



手を繋いで歩くおじいさんとおばあさんに


こんな風になりたいとぼんやり微笑んでみる


いいことも悪いことも入り交じる日々に


小さくても喜びを感じて生きていこう


今出来ることを目一杯やってれば


どんな花も必ず開いていくから


笑顔の種を蒔きましょう
[2017/04/22 07:29] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

おやすみ



キミは今頃どんな夢をみているだろう


キミはどんな風に笑っているだろう


今日は大変だったから会えないんじゃなくて


大変だったからキミの顔がみたい


穏やかに微笑んでいるみたいに眠る


その顔を見ると優しくなれるから
[2017/04/21 05:42] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

キミの強さ



ほんの些細なことで


伝わらなかったり間違ったり


想いを言葉にするのは難しい


キミの方が大変でツラいってわかってるけど


やっぱりキミにワガママを言ってしまう


その優しさに触れたくて


どんなときも今をちゃんと生きている


キミの足跡を追いかけながら
[2017/04/20 05:42] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

あとすこし



あと少しだけ強くなりたい


キミが悲しいとき元気を与えられるように


あと少しだけ優しくなりたい


キミの心にちゃんと寄り添えるように


春夏秋冬、365日


出来るだけキミが笑っていられるように


その笑顔を見るのが大好きだから
[2017/04/19 05:47] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

桃色の空



見渡す限りの桜の花びらを


今年もキミと見上げて


ひらり髪に落ちた花びらが


キミを優しく撫でた


こんな幸せな時間をくれて


ありがとう


大好きなキミにありがとう
[2017/04/18 05:43] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

メロディ



色とりどりの気持ちを


どうやってキミに伝えよう


上手く話せないから時々


思いとは違う形で伝わってしまう


だからね、ボクは歌うよ


荒くて上手くはないけど


メロディに乗せたらきっと


届きやすいって思うから
[2017/04/17 05:43] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

視線



夢は今もまだ歩いている途中


下を向くよりも前を上を


見つめて見上げて進んだほうが


キレイなもの見つけられるよ
[2017/04/16 06:48] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

そっとずっと



このドアを開ければキミがいる


そのことが嬉しくてボクは急ぎ足


このドアを閉めて行かなくちゃ


いつものことだけどとても切なくて


溢れる想いはこれからの日々のために


壊れないように大切に大切に
[2017/04/15 07:11] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

青空ステップ



悩んでいる時間あったら動いてみよう


キミの気持ちがわからないなら


ちゃんと聞いてみよう


動いてやってみればその先は見えてくる


生きるために生まれたんだから


なんだって出来るはずなんだ


自分で作った小さな枠なんて


もう取っ払ってガンガン進めばいい
[2017/04/14 05:45] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

あの雲のように



人混みのなか、そっと手を繋ぐ


はぐれてしまわないように


当たり前のようなことがとても嬉しくて


いつもボクの背中を見送るキミは


どんなことを思っているんだろう


また明日って言う代わりに


おやすみって言って寝れるように


いつまでも優しい気持ちで

[2017/04/13 05:42] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

美瑛



毎日の生活のなかに分岐点はいくつもあって


大きかったり小さかったり


その度に悩んだりするけど


泣ける夜は一緒に過ごして


晴れた日は手をつないで散歩しよう


キミがいるだけでステキな日々になるから


[2017/04/12 05:45] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

夜明けの時間



少し前まではまだ真っ暗で


キミの寝顔を思いながら漕いだ道のり


町が起きるのもちょっと早くなって


なんとなくキミのこと考えるのが恥ずかしくなった


ボクらにはまだまだ乗り越えなきゃならない


壁がいくつも並んでるみたいたけど


その向こうにあるものを忘れないでいよう


必ずキミを連れていくから
[2017/04/11 05:43] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

寝ても覚めても



ボクは揺れる


キミがどこかに行ってしまわないか


誰かを好きになって、その誰かで


胸がいっぱいになってしまうなんて


とても信じられなかったけど


今ならすごくわかる


夜寝るときも朝目覚めたときも


キミのことを考えてしまう


きっとキミは大げさだって笑うだろう


でもね本当なんだよ
[2017/04/10 05:47] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

郷愁



淋しいような懐かしいような


そんな笑顔浮かべるキミの


心のなかを想像してみるよ


同じように懐かしむことはできないけど


その心に寄り添っていたいと思う
[2017/04/09 07:21] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

明日の行方



何度もうしろ振り返りながら


それでも前を向いて歩いていく


その先にあるものを信じて
[2017/04/08 07:18] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

はじまりの春



体をまとう風の冷たさも感じなくなって


キミと歩き始めた季節がまた訪れた


春の陽射しに似たキミの笑顔を


いつまでも隣で見ていたいと思うよ


ありがとうこれからもよろしくね
[2017/04/07 06:11] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

やさしいうた



泣きたくなるような夜は


きらきらとした風になって


気持ちがトゲトゲと痛むときは


そっと包むブランケットのように


この声が枯れてしまっても


キミに届けたい やさしい唄
[2017/04/06 05:43] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

春の匂い



キミが制服を着て無邪気に笑う


そんな姿をボクは知らないけど


この季節になると出会った頃の


ただ見ているだけだったボクを思い出すよ


ふたりで過ごす時間は増えたけど


変わらずにキミのこととても好き
[2017/04/05 05:41] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

キミのチカラ



ツラいときはキミの顔がみたい


元気になれるから


嬉しいときはキミの顔が見たい


喜びが何倍にもなるから


だからもっと会いたくなるんだろう


ずっと一緒にいたいと思うんだろう
[2017/04/04 05:38] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

蒼空澄心



好きだからキミを縛りつけるのではなく


好きだからそっと見守っていられる


そんな存在になりたい


心からキミのことを好きだから
[2017/04/03 05:53] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

桜の木の下で



桜を二人で見上げていた言葉もないまま


ボクは桜を見るふりをして


キミの横顔を見つめていた


何度目の春を迎えても


またキミと歩きたいと思う


桜の木の下を手を繋いで
[2017/04/02 08:38] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

裸になって



不安や嫉妬やいじけたりワガママ言ったり


ボクを纏う錆びれたイメージなんか


もう全て脱ぎ捨ててしまって


キミと本当に裸のまま向き合いたい


[2017/04/01 08:40] | そら | トラックバック:(0) | コメント:(0)

プロフィール

Ryo

Author:Ryo
京都在住
音楽・写真が好き
"蓮"というユニットでVoしてます
蓮:http://renmusic.wix.com/
ren-musique-ecrin
カメラはnikonD5000&スマホ(GALAXY SⅢα)

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

フリーエリア

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる